スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死について考えた

毎月2日はお寺さんの月参りの日です。
そして今日はロッチャーの初七日です。

偶然にも月参りの日と初七日が同じになったので
ダメもとで和尚さんに聞いてみました。
ロッチャーが亡くなった事を伝え
今日が初七日なので一緒にお念仏を唱えて欲しいと。。。

和尚さんは快く承諾してくれ
仏壇の横に、ちょっと遠慮気味に遺影とお骨を祭りました。

ご先祖様たちの戒名の最後に「ロッチャーの霊・・・」と
一緒にお念仏を唱えてもらえました。
とても有り難いお念仏でした。
良かったねロッチャー。


2013100201.jpg



26日の朝ロッチャーが亡くなってから ずっと考えてました。
ロッチャーは亡くなる日を選んで逝ったのだと。
家族に迷惑をかけず心配させずに逝くために。。。

今年の2月にロッチャーが意識をなくし
もうダメだと思い私がパニックになってしまったこと。
ロッチャーは私の為に必死で生還してくれました。

もう自分が逝く姿を私には見せれないと。
夜、私が眠りにつくのを待っていたかのように
そ~っと旅立って行った。

私が寝る前にロッチャーはベッドでうんPをしていました。
私はロッチャーが寝ていると思ってました。
でも、旅立ちの最後の準備で
もう意識は半分なかったかも知れません。

毎夜、息苦しそうにハァハァと何度も起こされ
身体を擦ってあげていたのに
その日は一度も起こされる事がなかった。

私と一緒にベッドで寝ている間に。。。

私たちは縁あって巡り合い
いろんな偶然が重なって
最後の7ヶ月はとても濃く深い時間を共にでき
君が選んだ日に旅立って行った。

毎日、君を思い涙しています。
いつまでも忘れられない忘れたくない
明日も明後日も涙を流して
時には思い出し笑いもしながら。。。


2013100202.jpg



亡くなる1週間前に撮った写真です。
もう自力で立つ事も出来ず抱っこして庭まで連れて行き
シッコさせていました。
爺様ったらシッコだけは立った状態でないと出ないので
1日何回も抱っこさせてもらえた。
ガラス細工のように優しく抱きかかえた日々
亡くなる前のお昼ご飯は食べたよね
晩ご飯は食べれなかっただけで
さすがスーパー爺様!!!
幸せな時間をありがとう。



コメントのお返事もう少しお時間を下さい。







にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さすがロッチャ―爺様ですね!
初七日の法要の事まで考えていたなんて・・・(チャッカリしてるw)

ロッチャ―爺様に聞いて見たら、
母ちゃんが眠りに付くのを待って逝ったそうです。
今も母ちゃんの傍にずっと居るよ、っと言ってました。

私も、ごん太爺が天国に行ってから、1年と3ヶ月になるというのに、今でも無性に逢いたくなって・・・頭では分かっていても、心はなかなか付いては行けなくて・・・今でも泣いています。・゜・(つД`)・゜・

コメントへの返事は気にしないで下さいね。
どうぞご自愛下さい。

だいじょうぶ☆

私は もう泣いてない takuvie を想って泣くことはないよ☆
大切な思い出で 嬉しく懐かしくてニッコリ幸せになるよ

きっとtakuvie もそうだと思う

お空からニッコリわらって私を見守ってくれてるから☆

ヤンチャなバービーをみて笑ってると思うわ(*^^*)

花子ままさんへ

花子ままさん ロッチャーの声を届けてくれて
ありがとうございます。
やはり私が眠りにつくのを待ってから
静かに逝ったのですね。
最後の最後まで親思いの良い子でした。
これからはロッチャーを感じながら生きていきます。

takuvieさんへ

いつか私も泣かなくなる日が来るかな?
今はまだ無理だけど
少しづつ時間をかけて前を向いて
歩いて行くしかないもんね。
早くロッチャーを安心させてあげないと。。。
プロフィール

lablab母ちゃん

Author:lablab母ちゃん
ラブラドールが大好きで
ラブグッズのネットショップを始めました。

ロッチャー
1999.1.22生まれの男の子
14才8ヶ月で虹の橋を渡りました。
(2013.9.26 逝く)
*保護犬

リーフ
2005.4.18生まれの女の子
*トシエワールド出身です。

バディ
2009.7.23生まれの女の子
*グレイスフルランド出身です。

twitter
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。