癌と闘う背中

ロッチャーが初めて悪性腫瘍が出来たのは8才の時。
右前脚に出来た血管肉腫。

以前から脂肪腫が出来やすく何度か手術で摘出しました。
年に1回まとめて取ってもらってました。

悪性の血管肉腫が出来た時はショックでした。

そして、10才で血管肉腫の再発 手術で摘出しました。
麻布大学で手術・放射線治療のため
毎週 麻布大学まで通院していました。

ちょうど4年前の今頃でした。

地元の病院で抗がん剤治療をして完治しました。
半年にもかかる治療に耐えてくれたロッチャーくん。
あの時は本当に頑張ってくれました。

なのに今度は軟骨肉腫。
手術をしても全摘出は出来ない
毎週 全身麻酔をかけての放射線治療に耐えられる年齢ではないし。

化学治療を諦め緩和治療に専念すると決めました。
今のところ痛みはないようです。

14才になっても癌と闘わないといけないなんて。。。

小さくなった後姿を見ていると
チョットしんみりとしてしまいます。


2013061401.jpg




夕方になるとワンコをお家に入れて
お庭の水巻タイム。

リーフとバディの笑顔を見ていると
辛い事も忘れてしまいそう。^^


2013061402.jpg



長い事 新作のワンコ服を作っていませんでしたが
夏物服をせっせと作っています。

次回の新作は3種類
頑張って早く作らなきゃ!


2013061403.jpg








にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
    ↑ 今日も読んでくれてありがとう、ポチッとお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

母ちゃんさん、こんにちは^^

ロッチャー君の背中・・・
ちょっと小さくなったかもしれないけど
一緒にお散歩出来てとっても幸せ~♪ってかんじだよ❤

あまり痛まないのがせめてもの救いですね^^
たくさん食べて元気つけてね~

あれから4年経ったんですね。
母ちゃんの頑張りあったからこそ今こうやって元気でいられるんです!
母ちゃんすごいです!
ロッチャーくんもそんな母ちゃん見てるから力が湧いてきたんですよ!
リーフ&バディちゃんもちゃんと母ちゃんとロッチャーくんの支えになってますね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ロッチャー君のお背中・・・私にはキリリと見えてますよ~
初めてお邪魔した時には意識不明なんてことになってたんですから

いまのしっかりおすわりしてカートに乗ってるロッチャー君はすご~い
箱乗りはもうキビシイでしょうがまだまだブイブイ言わせてよ

フィリーはもうお座り乗りはできません、どんどん弱ってるわ~
はぁ~ひなたちゃん目指せそうにない・・・
ロッチャー君は頑張ってよ~

momo&heartyママ さんへ

ロッチャーの背中は小さくなっても
ロッチャーへの愛は大きくなるばかりです。^^

歩く距離は少なくなりましたが
シニアカートがあるおかげで
一緒に散歩に行けるのが幸せです。

さくたんままさんへ

自ら命を断つ行為は人間だけで
すべての生き物は生きる事しか考えていない
と聞いた事があります。

例え悪性腫瘍でも治す方法があるなら
神にすがる思いで必死でした。

ロッチャーの生きる力が強かったのでしょうね。^^

鍵コメさまへ

はじめまして。^^

ロッチャーの場合、手術で腫瘍を摘出してからの
放射線・抗がん剤治療だったので完治しましたが
リンパ腫の場合は難しいですね。
11才という微妙な年齢。

今の抗がん剤治療は副作用が少なく
ロッチャーは副作用なく治療を受けました。
治療前に血液検査をして
何度か白血球の数値が低くて
治療をお休みした事はあります。

完治をしたから治療をして良かったと思えますが
もし再発してたら辛い思いをさせていただけがと考えます。

でも、その時に1番考えた事は
まだ生きていて欲しい!そばにいて欲しい!
その一心だけでした。
治療方法があるなら、まだ希望はあると前向きに。

これは私個人の考えですが
私なら抗がん剤治療を選択します。
(何もせずに後悔するより やる事をやってダメだったら
それは運命と受け止める)
ただ単に飼い主が後悔したくないからと
飼い主のエゴなのか?とも考えました。

もしロッチャーが人間の子供なら
絶対に治療するのが当たり前と考えるでしょう。
犬だから治療で負担がかかるのは
かわいそうと思うのは相手は犬だから?
自分に問いかけた事もあります。

「愛犬にとって1番の選択」
きっと、あなたのそばいいたい。

治療するのも選択の1つ、治療しないのも選択の1つ
(治療しないから見捨てる訳ではない)
悩んだ時は獣医師に相談に行くのも選択の1つです。

昨年、ロッチャーの腫瘍が見つかった時
私は一切の治療を選択しませんでした。
治療しないぶん愛情たっぷりの
手作りごはんを作り1日1日を大切に過ごしています。
癌についての食事も勉強しました。

長文になり分かりにくいかも知れません
申し訳ありません。


あなたがどんな選択を選ぼうとしても
きっとBクンは満足してくれるでしょう。




フィリーママさんへ

小さくなってしまった背中だけど
心はとっても大きく
私には頼りになる背中 ♡♡♡

最近ロッチャーは首の筋力も落ちて来て
寝転ぶ時に頭を床にゴツンと音がするくらい ^^;

シニアカートなしでは散歩に行けないけど
散歩に行けるだけでも幸せですね。^^

プロフィール

lablab母ちゃん

Author:lablab母ちゃん
ラブラドールが大好きで
ラブグッズのネットショップを始めました。

ロッチャー
1999.1.22生まれの男の子
14才8ヶ月で虹の橋を渡りました。
(2013.9.26 逝く)
*保護犬

リーフ
2005.4.18生まれの女の子
*トシエワールド出身です。

バディ
2009.7.23生まれの女の子
*グレイスフルランド出身です。

twitter
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター