1本の電話

昨日 お友達から電話がありました。
昨年の夏 ロッチャーの幼なじみの
黒ラブのタクを亡くしたSさん。

ロッチャーと私のことを心配して

彼女は教えてくれました
犬は飼い主のために生きていると

今 ロッチャーが頑張ってるいるのも私のため
私が まだ 諦められないから

でも最期は本当に心の底から感謝して ありがとうと
見送れる気持ちになれると。


私は間違っていました。
愛犬の死を迎える事とは覚悟を決める事だと
だから、ずっと泣いてばかりいたんだ
仕事中も泣いて ロッチャーの寝顔を見ては泣いて
帰宅後ロッチャーが生きているだけでも泣いて

ロッチャーが亡くなる恐怖に不安で不安で
毎日が怖かった。

でも彼女の言葉に救われました。
別れるのは辛いけど
自然と そうゆうふうになれるのだと。

それからピタッと涙が止まりました。
今は3度の食事にデザートとおやつと
これが最後の食事になっても後悔しないように
毎回 心を込めて作っています。
ワンコのご飯を作るのが楽しいです。

幸せって何気ない普段の生活に いっぱいあるんだね。

今では普段の食事の量に戻し完食してくれます。
自力で立って食べてくれます。
もう 歩いてお散歩には行けないけど
お庭なら自分でオシッコもできます。
フローリングでもしますが。。。
それもこれも幸せ。


今の私の心境を理解してくれる優しい友達
たくさんの励ましのコメント
私の勇気になっています。

お返事が出来ないのが心苦しいですが
とっても嬉しいです。
ロッチャーと一緒に頑張る力となっています。
ありがとうございます♪

ロッチャーが意識をなくして すぐに買った物
まだ必要ないようです。
ちょっと早合点しちゃったかな?



2013022001.jpg




にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ママさんちゃんと食べてますか?
ままが元気でないとね

あたしも同じ言葉をお友達から聞きました
そのお友達もゴールデンを亡くして
毎日毎日必死に生きてほしいと思い毎日必死だったけど
ある時ふと
「ありがとう・・・・・もう苦しまなくていいんだよ」ってふと思える日が来たと
その子はちょっと辛い闘病生活してたこだったけど
それからも毎日はまた別の意味で幸せだったと・・・

元気なレイとリノを前にして聞いた話なので
あたしむり~っとか思ったけど
あたしもいつかそういう日がきても毎日の生活に後悔がないように
楽しくすごすよ

ロッチャーくんも精一杯頑張ってるもん!
ママもお体気をつけてね

ママがそばでにこやかに見守ってくれるだけで、
ロッチャーくんは安心するんじゃないかと思います。
なかなか難しいこととは思うけど、
ママ!笑顔でいてあげてね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

lablab母ちゃん

Author:lablab母ちゃん
ラブラドールが大好きで
ラブグッズのネットショップを始めました。

ロッチャー
1999.1.22生まれの男の子
14才8ヶ月で虹の橋を渡りました。
(2013.9.26 逝く)
*保護犬

リーフ
2005.4.18生まれの女の子
*トシエワールド出身です。

バディ
2009.7.23生まれの女の子
*グレイスフルランド出身です。

twitter
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター