これからの治療について

血液検査の結果白血球数の数値・リンパ球・赤血球数の
数値が低かったけど、その他の臓器は正常でした。

院長から何通りかの治療方針を聞きました。
切除しても全部は取れきれないとの事。
放射線・抗がん剤・薬の治療方法。

しかし、私は治療をしない事に決めました。
決してロッチャーを見離した訳ではありません。
もうすぐ14歳になるロッチャーの体に負担を掛けたくないのと
私とお家が大好きなロッチャーだから
治療の為に病院へ預けるとストレスになると思ったからです。

かかりつけの病院は麻薬取り扱いの認定を受けているので
これからは緩和ケアを主にやっていこうと決めました。
現段階では食欲もあるし、痛みもないので
愛情たっぷりの手作り食、イヤイヤ愛情どっぷりの手作り食で
頑張って行こうと思います。


2012113001.jpg






にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
     ↑ 頑張るロッチャーにポチッとお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ロッチヤーの幸せそうな顔(^.^)
あたしも まったく同じ思いやったよ


takuvieさんへ

病院の先生が治療するだけが選択肢じゃ無いよ
って言ってました。
治療しないのも選択肢の1つ

あとはロッチャーの生命力に任せて
私はサポートに頑張るね。

それが最善の選択だと思います。

 そうだったんですね~

検査結果や、治療方針の記事を拝見して、○○先生の誠実で親身な話しぶりが
目に浮かびます。
我が家もずっと○○動物病院に通っています。
12歳の我が家のイエローラブも、近い将来色々悩むことがでてきたら、
○○先生に相談して、ラブのしあわせを一番に考えて決めていくつもりです。
いつかは見送らなくてはいけないですものね。
もしかしたら○○動物病院でお会いできるかもしれませんね。
冬場はお忙しいと思いますが、近くから応援していますね。

母ちゃんさんおはよー♪
うんうん・・・どの道を選んだって
最終的に母ちゃんさんの愛情どっぷりが
ロッチャー君には一番なのよん^^
うまく病気とお付き合いして行けますように❤
応援してますからね!

あたしにできることがあったら なんでも言ってよ~

お気持ち、すっごくわかります!
私もきっと同じことを選択すると思います。
ずっと側に居てあげたいですよね~。
ロッチャーくんの生命力を信じて、lablab母ちゃんの愛情どっぷりの
手作りご飯で穏やかな日々が過ごせますように・・・。
東京からずっと見守っていますね。

今晩は、昨日はコメントできませんでした・・北海道からの祈りが届かなかった・・
でも、私もロッチャー君と一緒に居てあげて欲しいです。どの子もそうでしょうが
お父さんお母さんの側でお家が一番!家の子は入院した時、飲まない食べない出さないで、先生いわく空ちゃんの心が持たないね・・と予定よりかなり早く退院させました、勿論私もそうでした。こんなこと言うと怒られそうですが完治しなくても転移せず、悪さもしないでおとなしくしていてくれる事を祈っています。

初めまして!

こんばんは~! まっちゃんと 申します、、。私のブログに来て下さって、、本当に、ありがとう! 私にも、12歳になる ラブが います、。この子の為に 「乳がん」の治療、、頑張れました、、。家族以上の存在です! 立場は異なるけれど、、心は寄り添えるから、、! 応援しています、、!また、、伺いますね、、!

とても難しい選択だけど
我が家もきっと同じ選択をしたと思います
何が一番ロッチャーくんにとって幸せか
それは家族と一緒に居ることだもんね
応援してるよ

ラブママさんへ

○○先生の先住犬も癌で亡くなったので
とても親身になってロッチャーの事を考えてくれます。
無理に治療を進める事もなく、飼い主の考えをしっかり聞いてくれ
腫瘍科にも力を入れているし近くに良い病院があって良かったです。

12才だと体力の衰えが出てくる頃ですね。
我が子の為に何が出来るか今の幸せを大切にしましょうね。^^

momo&heartyママさんへ

ママさん ありがとう。

世界で1番ロッチャーを愛してる
私が頑張らないといけないとね!
落ち込んでいる場合じゃないし
リーフとじゃじゃ馬バディが
毎日 笑わしてくれます。

takuvieさんへ

ありがと~!
応援のコメで励まされているよ。^^

菜々ママさんへ

遠い所からの応援ありがとうございます。

また一から癌に効く手作り食を勉強しなおして
少しでも進行が遅れて天寿を全う出来るように
愛しいロッチャーじいさんの為に頑張ります。

空ままさんへ

北海道からの祈りは ちゃんと届いていますよ~。^^
告知を受けてもロッチャーは
元気に食事を完食して散歩にも楽しく行っています。
リーフとバディが喧嘩すると仲裁に入ってくれるし
いつも通りの生活をしています。

空ままさんの祈りがロッチャーと私を元気にしてくれています。♪

まっちゃんさんへ

人間と犬の違いはあるけど
病気と闘うって心を強く持たないとダメですね。

ロッチャーは8才で癌になり10才で再手術をしました。
外科手術・放射線治療・抗がん剤治療
これ以上の治療はないくらいに治療しました。

しかし、今は13才10ヶ月。。。
もう体力・ストレスには勝てないでしょう。

これからは、いつも傍にいて見守るだけですが
穏やかな日々を暮らして行きたいと思っています。

びりーぶままさんへ

応援ありがとうございます。

確かに難しい選択でした。
あと数年若かれば、きっと治療をしようと思ったけど
老犬に癌治療する体力はないでしょう。
何回も麻酔をかけ、私と離れ離れになり
不安を抱いてまで治療させるにはかわいそうで。。。

今の状態を維持出来るように頑張ります!
プロフィール

lablab母ちゃん

Author:lablab母ちゃん
ラブラドールが大好きで
ラブグッズのネットショップを始めました。

ロッチャー
1999.1.22生まれの男の子
14才8ヶ月で虹の橋を渡りました。
(2013.9.26 逝く)
*保護犬

リーフ
2005.4.18生まれの女の子
*トシエワールド出身です。

バディ
2009.7.23生まれの女の子
*グレイスフルランド出身です。

twitter
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター